スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごぼうの袋栽培に挑戦!

これまで、いろいろ挑戦してきたごぼう

短根ごぼうは、まあまあつかんだかなって

ウヌボレながらも、やっぱ、ごぼう

ながーい、すっと伸びたやつがいいじゃないですか!


そこで、昨年まろさんがやっておられた

袋栽培をパクる導入してみることに・・・


肥料やら、石灰の袋をためておきまして

再利用してます。

ここに土を入れて、タネをまいたのが

4月4日のことでした。


CIMG5904_convert_20150420230543.jpg

そこから連日の雨が続きまして、

あきらめかけていたところ、ようやく

発芽しました。

CIMG6132_convert_20150420230629.jpg


袋の上から見て、真ん中と

四方に2粒ずつ蒔いたので

一袋で10個。5本収穫を目指してます。


上からのぞいてみると

9本出てるのもあれば、

CIMG6131_convert_20150420230720.jpg


7本のもある。

CIMG6130_convert_20150420230658.jpg


で、失敗したかも・・・と思ったのは

畑の土をそのまま入れて、

すぐに播種したこと。


折からの雨で、土が鎮圧され、

固くしまってしまったこと。

又根になる可能性高いですな。


ま、これもチャレンジです・・・


ではでは・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

tag : ごぼう

短根ごぼう「サラダ娘」収穫!

あづい---

3連休も終わったのに、通常モードに戻れないおっさんです・・・

3連休中、やっておきたかった、いや、むしろ、やらねばならない系の

ごぼうの収穫」です。短根ごぼう、「サラダ娘」。

隣の畑の婆さんから「死にごぼう」って言われた4月20日播種分ですね。

6月25日の試し掘りでは、まあまあの仕上がりっぷりだったんですが・・・

そろそろ、ウドンコ病が出てきています。


CIMG2436_convert_20140721201610.jpg



連日の好天で、土がしまっていて固いのなんの。

スコップで全体重をかけて汗だくになりながら、収穫。

出来栄えは、いい感じ!


CIMG2444_convert_20140721201543.jpg




手頃な長さと太さ。ご満悦であります!



CIMG2445_convert_20140721201514.jpg



たったこれだけの数なのに、半分ぐらい収穫して

途中で「残りは来週」となりましたさ(笑)

ごぼうは、収穫すると、もうすぐから乾燥しはじめますんで、要注意!

すぐに濡れた新聞紙などでくるみ、ビニール袋に入れて冷蔵庫にいれるべし!であります。

と、表皮と中の白いところの間、表皮に近いところに香りと味が詰まってますんで、

あまり、ごしごし洗いすぎないほうがよろしいかと・・・

ではでは・・・





テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

tag : ごぼう

ごぼう「サラダ娘」を試し掘り

前に「死にごぼう」のことを書きました。
4月20日に播種した「サラダ娘」です。

雨上がりで土が柔らかいのを見計らって、嫁はんが試し掘りしてきました。
もともと短根ごぼうなので、長さはともかく、太さがまだちょっと足りないか?
RIMG0001_convert_20140624230742.jpg


でも、まあまあじゃないですか!
もう少し置いておこうと思います。

一部入っているカリフラワーも、今シーズン最後です。
春のカリフラワーは、冬ものに比べ、固いし甘みも少ないですが
バリエーションとしては欠かせません。
毎年春先は10株ほどだけ育てています。

ところで、最近触れていない「リベンジごぼう」、今回は断念です・・・
運んで入れた土が、通路になっていたところの土だったので、
草がとても生えやすく、肥料分もなかった模様。
ひいてもひいても生えてくる草に負けました・・・

3回目を播く気力は残っていません・・・
今年はわずかばかりの「サラダ娘」で、ごぼうライフは終わりそうです(涙)

ではでは・・・

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

tag : ごぼう

リベンジごぼうのリベンジ

6月になったばかりなのに強烈な暑さですね!
もうぐったりです。長時間畑で作業するのが命がけなシーズンですね。

そんななかではありますが、リベンジごぼうのリベンジをしました。
前の分は発芽したはずなのに、ほとんどをナメクジにやられ、すっかり戦意喪失していました。
今シーズンはもう無理…だが、しかしであります。

しまおうとして、タネの袋の播種時期を見ますと、播種時期がわずかに
6月にかかっているではありませんか!
CIMG1423_convert_20140601213322.jpg

この幅の狭さは、具体的には6月1日ではないのかと!

ひさしぶりに例の竹で作ったごぼうの植え付け場所をのぞくと、
もう小さな草がびっちりと。
CIMG1408_convert_20140601213216.jpg

草をこそげて、再度「コバルト極早生」を播きました。
今回は、前回わらを敷き詰めて、ナメクジの温床になった反省をふまえ、寒冷紗で被いました。
CIMG1418_convert_20140601213152.jpg

暑さ厳しきおりではあるが、げんばってくれ!との思いです。

ではでは・・・

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

tag : ごぼう

リベンジごぼう・・・リベンジできません

リベンジで播いたはずのごぼうが・・・・・・・(泣)


発芽しません・・・・・・

おかしい!藁をとってみると・・・・・・

発芽はしてました。
CIMG1290_convert_20140526231007.jpg

何かにやられたようです。


周囲を探ってみると、ナメクジです。体長1cmに満たないようなナメクジが大量に。



ああ・・・心が折れました。

tag : ごぼう

リベンジごぼうの播種

おはようございます!

待ちに待った週末です!!先週は何かと休んだので、今週は長かった!!ふぅーっ。
今日は先日のインプラントの抜糸に行きます。
車で約90分。ちょっとしたドライブですね。

先週は、前に書いていたリベンジごぼう播種しました。「コバルト極早生」です。

メーカーのHPによると
「生育日数100日で根長50cm前後、太さ2cm前後になる極早生品種です。耕土の浅い場所でも栽培ができます。 」とのこと。

しかし、この種、盛り上げた土の色と本当に見分けがつかない!
老眼&近視のおっさんには、もはや罰ゲームですね。

ね!

CIMG0938_convert_20140522224104.jpg


真ん中の楕円のが種です。種の色と土の色が同じということは、この自然とマッチしてるんでしょうね(笑)
播種した後、うすーく砕いた土をかぶせ、いつものように藁を乗せておきました。

CIMG0941_convert_20140522223920.jpg


成育期間が100日ということですから、8月下旬頃が収穫の目安ということで・・・
これも楽しみであります。

ではでは・・・

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

死にごぼうのリベンジ

こんばんは!

昨日書いた「死にごぼう」のリベンジをしています。

前に言われたのはマルカワ農園だったので、今回はマルハチ農園で栽培します!

まず、野菜の残渣をすてていたところを片づけて、
四方を棒で囲い、その中に割り竹を差し込んでいきます。

CIMG0838_convert_20140511215712.jpg



竹は、友人の筍山から竹の間引きも兼ねて切りだしてきました。
これを竹割りで割って、長さ50cmに切っています。
我ながら作業効率が悪く、もっといい方法があると思うものの、思いつかず。

そこに土を搬入します。
搬入する土は、先日みょうがを植えるために耕転したところ。
意外にふかふかしたいい土だったので、「これは使える!」と思っていたのでした。

搬入といっても、ことさら道具もなく、スコップと一輪車で地味に運んだんです。

CIMG0840_convert_20140511220019.jpg


あ、後ろに移っているのは先日植えたみょうがです。
黒の寒冷紗だけでは日差しが遮れないと思い、防草シートをかけて木陰を演出しておきました。

運ぶこと数回、結局高さいっぱいまでの土はなく、疲れもあって
この高さでもういいかなあと。

CIMG0843_convert_20140511215831.jpg


これでもたぶん地表から70cmぐらいあると思うんだけど、どうでしょうか。

ここまでやってもう疲れてしまいました・・・

最近、体力・気力の衰えが半端ないです・・・

ではでは・・・

tag : ごぼう

死にごぼうだと?

こんばんは!

4月20日にミニごぼう「サラダ娘」をマルカワ農園に播種しておきました。
ごぼうは、なかなか発芽しにくい種の一種ですが、
今は、本葉がでてきて、これくらいになっています。

CIMG0832_convert_20140511184618.jpg 

発芽も時間がかかるし、収穫まで長いごぼうですが、やはり採れたてのごぼうの香りは何とも言えません。
そのうえ、柔らかいので、私も歯の悪い年寄りも食べられますね。

この種を播き終わり、一段落したころ、隣の畑の婆さんが登場しました。

「何播いてんの?」
「ごんぼ」(当地では、ごぼうのことを「ごんぼ」とか「ごんぼさん」と言います。奈良弁?)
「そうか・・・シニゴンボやな」
「???」

その時はよくわからなかったんですが、ググってみると、
「死にごぼう」といって、4月にごぼうの種を播くと家族から死人がでるという言い伝えがあるらしいです。

そんなこととはツユ知らず、思い切り播いてました。

曰く、4月に播種すると梅雨時に間引くタイミングとなり、
その時期の間引きは腐敗の原因になりやすいとか・・・

まあ言われてみればそうかも。

死人がでるのは困りますけど、ここまで大きくなってきたごぼうですから
大事に育てればよいかと、自分を納得させました。

マルカワ農園もマルハチ農園も当然ながら、お隣に畑があります。
両方ともお年寄りが手入れをしてまして、これまた当然のように顔を合わせます。

まあ、時候の挨拶だけならどうってことないのですが、
何せ相手は有り余るほど時間のある方々で・・・
いろいろとご指導、ご鞭撻を頂戴しますな。

畑づくりをしているのは、この私でさえ、村の中でも若いほうというか、幼稚園の年少さん並みに若いので、
かまいやすいんでしょうね。

面白いのは、畑に本腰を入れ始めた当初は、「○○のなえやろか?」とか「これ使うか?」と
言ってくれていたのが、こっちがそこそこのモノを作り出すと、とんとお声がかからなくなりましたよ。

逆に珍しいことをしていると、じぃーっと見ておられますな。

ありがたくもあるものの、やや憂鬱です~ww
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

fsrG3

Author:fsrG3
サラリーマンを続けてきましたが、1回目の定年を迎えました。数年後に、本当のリタイヤです。
とりあえずは仕事を続けながら、徐々にシフトダウンしていくつもりです。

最新コメント
カテゴリ
梅 (8)
リンク
ようこそ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。