スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪巡り(笑)


昨日はご近所の方と大阪へ

出かけてきました!

アベノハルカスでございます。

RIMG0261_convert_20150510005533.jpg


地上300mのビルの展望ってのはどんなか?


60階建で、58階から60階までが展望室に

なってます。全面ガラスはやっぱり怖いですね・・・

RIMG0286_convert_20150510005707.jpg



あまり天気が良くなかったので、遠くは見えませんでした・・・

遠くよりも、足元の鉄道なんかが面白いですね。

RIMG0264_convert_20150510005625.jpg


ここで、ここしかない、「パインアメソフトクリーム」を。

RIMG0291_convert_20150510005748.jpg


パインアメを作っているパイン製菓は、まさしくここ

大阪天王寺に本社があります。

小さいころから、たぶん、何も変わってないと思うパインアメ。

やっぱり、ここはいっとかないと!

RIMG0295_convert_20150510005807.jpg


甘くておいしかったデス。


午後は、大阪の川を遊覧船でめぐるツアー。

RIMG0316_convert_20150510005849.jpg


噺家の桂ちょうばさんがガイドをしてくれるという、

ゴージャスなやつでしたよ。

RIMG0323_convert_20150510005947.jpg


定番のこんなのとか・・・

RIMG0337_convert_20150510010044.jpg

この船は、大阪の低い橋の下をくくぐれるよう、

背が低く作られてまして、橋の下をくぐらないときは

船室ごと1mぐらい上に上がります。

へえーって感じですね!

雨が降ってなければ、屋根もフルオープンになります。

RIMG0335_convert_20150510010027.jpg


約1時間。なかなか楽しめました!

帰宅したころには、夕焼け。

RIMG0340_convert_20150510010207.jpg


さあ、きょうはサツマイモ植えないと!




ではでは・・・

スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

桃の話の補足(長いのでご注意!)

昨日、桃のことを書いてアップしたんですが、

読み返してると、ちょっと書き込み不足なところがありますね。

ちょっと蛇足な追記を・・・(ちょっと長いので苦手な方はスルーしてください)



CIMG2526_convert_20140727230323_20140728205957149.jpg




昨日の写真、こうしてほいって見せられても、

多くの方は、おいしそうな奇麗な桃だとは思われるでしょうけど、

ま、普通は、で?って、キョトンなわけで。


なぜ、ここで買うか?という説明がないですよね。

もちろん、ここの桃がうまいっ!ていうのは大前提ですが・・・



直販所とか、個人商店で買い物するときは

たいがい店の人が声をかけてくれますよね。

そこで、ちょっと面倒だけれども、いろいろ話を聞いてみる。

この桃は、おいしそうな桃ですね?とか、品種は何ですか?とか。

そうすると、相手さんは商売だし、その道のプロなわけで

どんどん話が出てきます。 


左の青いシャツの方がご主人。 いい顔されてました。


CIMG2508_convert_20140728205905.jpg



この桃だと、もともと柿農家だったけど、十数年前の台風で柿が全滅して

今は桃にかけてるとか。

初めは和歌山の桃農家から来てもらって剪定の仕方から教えてもらったけど、

相手も商売敵が増えるので、3年目は1本しかしてくれなかったんで、

見よう見まねで始めたとか。

ここに並んでるのは、なった分の6割もないとかね。

ダメと思う分は、片っぱしから下に落として、盗られないよう踏んづけておくとか。

(それが腐るとすごく臭いとか・・・)



桃の木にも個性があって、

本格的に収穫できる7年目ぐらいに、見た目は変わらないのに

急にまずくなる木があって、そういう木は、泣きながら切り倒すんだとか。

前回、私が買ったのは、試しに1本だけ植えている「あまとう2号」で、

2日ぐらい収穫適期がなくて、買えた人はラッキーだったとか・・・



そういうストーリーを聞いてると、

もうその桃は、これまでの桃とは違うわけです。

ちゃんと、その人のストーリーがある桃に見えてくる。

こうなると、その桃の値段って、絶対唯一の判断基準じゃなくなってきますよね。


CIMG2507_convert_20140728205720.jpg




私は、この桃がおいしいからけっこうな量を買ってるんですが、

桃とそのストーリーを買ってるんだと思います。

全体からみれば、わずかかもしれないけど、

応援したいって気持ちで買ってしまうんですね。


昔話になりますが、商店街にはこういうストーリーがあったんですね。

それが、一円でも安く、ちょっとでも多く・・・という消費者の貪欲さが

それを希薄にしてしまったのかな・・・と思います。

もちろん、売る側にも問題はあって、

高く売ることだけを考える業者はゴマンといます。

わかる人だけ買ってくれたらいいという姿勢の方もいます。

売るほうの方も、もっとそういうストーリを発信してほしいと思います。

もちろん、発信する情報に、嘘・偽りがあるのは論外ですけど、

私は、売るほうの人は、ある意味パーフェクトでなくてもいいと思います。

むしろ、「正直」であって欲しい・・・と思うのです。


ご静聴ありがとうございました(笑)

ではでは・・・

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

奈良の山村 東吉野村

先日、仕事で奈良県の東吉野村に行ってきました。

東吉野村といってもなかなかイメージがわきにくいですが、三重県と接する山深い地です。
明治38年に最後のニホンオオカミが捕獲されたといいますので、そのようなイメージです。
村の人口は約2,200人。

とはいえ、道路の開発で、奈良市内から車で約90分ぐらいで、村役場周辺に行けますので、
まだまだ吉野の山としては入口に近いほうかも。

時間の関係で、役場周辺しか歩けなかったんですが、時が止まったような静かな集落です。

CIMG1360_convert_20140604231937.jpg


レトロというのとも違う、「知らないのに懐かしい」感がありますね。
たあめん」製造元の「升屋」さん。

CIMG1362_convert_20140604232107.jpg


たあめんは、小麦粉に吉野葛を混ぜた腰の強い太めのそうめんor細うどんといったモノです。
コシが強く、やや硬めの麺ですね。
食べてみると、のど越しがよくておいしかったです!

最近、この村の教育委員会が「東吉野の給食レシピ」という本を出されました。
たまたま、新聞でこのことを知って、取り寄せてみたら、失礼ながらあまりに立派でびっくり。

CIMG1467_convert_20140604232259.jpg


約100種の給食レシピが載ってます。
イノシシ汁とかの郷土料理も載ってます。

CIMG1470_convert_20140604232327.jpg


著者は、松田仁さんと言う方で、農林水産省の「地産地消の仕事人」に選ばれた方だそうです。

これで、900円、村長さんの話では赤字とのことですが、当然ですわww
日本各地、遠くは千葉あたりからも注文があったとか・・・
なくなれば増刷するとのことですが、一般の本屋さんには並んでいませんので、
興味のある方は、同村教育委員会まで電話でお問い合わせくださいとのこと。

本を紹介するつもりが営業してるみたいになってしまいましたが、ホントにいい本ですヨ!

ではでは・・・

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

tag : 東吉野村 たあめん

五條市 新町通り

こんばんは!

いやあ今日も暑かったですね。もうTシャツ1枚でもOKですねえ。
今日は、インプラントの抜糸のあと、五條市の町屋が並ぶ「新町通り」をちょっとだけ
うろついてきました。

ここは平成22年に国の伝統的建造物群保存地区に指定されていて、
味わいのある建物が並んでいます。

CIMG1244_convert_20140524215714.jpg


昔そのままの建物や、建物のの外観はそのままに、カフェやレストランができていて、多くはないですが、
観光客が散策しておられました。
ここは、実に味わいのあるおモチ屋さん。
残念がら、あんころモチは売り切れていました・・・

CIMG1241_convert_20140524215854.jpg


そんななかで、なんと、古民家鉄道模型のジオラマとプラモデルをやっておられる店がありました!
こんなところで?と思うのですが、
ご主人の話では、赤字を出したら奥さんから即刻中止命令が出るところ、
なんとか1年半続いているということなので、頑張っておられるようですね。

CIMG1235_convert_20140524220358.jpg


ちょうど、大阪から来たという初老の男性が何人か来店され、
あれよあれよという間に、数万円のHOゲージの模型が売れました。

ここの町に「源兵衛」という有名な町屋レストランがあって、男性は奥様と一緒に来たみたいです。
奥様から急かされて「帰りに寄るから包んどいてや!」と出て行かれましたヨ(笑)

基本、中古品や委託品なんですが、掘り出し物がありそうな雰囲気ですよ。

私ゃ、給料大幅ダウンと消費税アップで、4月以来、本当に本当に模型を一つも買っていなかったので、
せっかくだし、プラモを1個だけ買いましたヨ。

絶版になったとか、いやまだ金型はあるはずとか、もうひとつはっきりしない
タミヤの、セリカSSⅡですね。
もちろん、タミヤ的にメインと思われる、より上位グレードののセリカGT-Fourもリリースされていて、
絶版かどうかはともかく、あまり再版されていないアイテムです。

CIMG1251_convert_20140524220611.jpg

いろいろなものがある奈良です。

ではでは・・・

tag : 模型

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

fsrG3

Author:fsrG3
サラリーマンを続けてきましたが、1回目の定年を迎えました。数年後に、本当のリタイヤです。
とりあえずは仕事を続けながら、徐々にシフトダウンしていくつもりです。

最新コメント
カテゴリ
梅 (8)
リンク
ようこそ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。